【手でこねない】手作りハンバーグ【牛肉8:豚肉2の黄金比】

ハンバーグ 料理

ヘラと包丁で形を作るので手がベタベタになりません

材料(6個分)

・牛ひき肉…480g

・豚ひき肉…120g

・玉ねぎ…中1個

・パン粉…30g

・牛乳…30ml

・溶き卵…1個分

・ナツメグ…少々

・塩コショウ…適量

・サラダ油…適量

・ブラックペッパー…適量

用意した道具

・ボウル…2個

・三徳包丁(刃渡り14.5㎝)

・まな板

・ヘラ(金属製)

・フライパン(直径24㎝、深さ8㎝、フッ素加工)

・フライ返し

・菜箸

・小皿(直径8㎝、深さ4㎝、陶器製)…二枚

・デジタル重量計

・丸皿(24㎝、陶器製)

・深皿(別添えソース用)

作り方

1…玉ねぎをみじん切りにします。フライパンにサラダ油を大さじ1を入れて熱します。軽く炒めて塩、コショウを少々振り、軽く色づくまで炒めて完全に冷まします。

2…ボウルに1、パン粉、牛乳、溶き卵、ナツメグ、塩小さじ1/2、コショウを入れます。材料を入れたボウルの下に氷水を入れたもう一つのボウルを敷き、氷水に当てながらヘラでしっかり材料を混ぜ合わせます。

※ヘラは肉に押し付けて、手前に引くように動かして下さい。

3…まな板に1/6の量を取り出し、包丁の腹で平らにならしながら空気を抜きます。

4…包丁で厚さ1㎝程の小判型に形を調えます。

5…格子状に筋を入れます。片面に塩、ブラックペッパーを振ります。4・5と同様にして残りの量も作ります。

6…フライパンにサラダ油を入れて焦げないように中火で熱し、5の筋を入れた面を下にして入れ、表面に塩、ブラックペッパーを振ります。

7…焼き固まったら裏返し、蓋をして肉汁が透明になるまで蒸し焼きます。

8…皿に盛り付け、お好みでケチャップ等をかけて完成です。

※お好みでフライパンに残った肉汁にケチャップ2:とんかつソース1を混ぜ合わせてソースを作り、かけても良いです。

作ってみた所感と反省

小さめに作った試作品を一口食べてみると、つなぎの量が少なめなので牛肉100%のハンバーグ程ではないけど肉の味が強めでした。固さは箸で切れるくらいでした。ナツメグの量が少なかったのか少しの臭みがありました。残った肉汁を使って作ったソースをかけて食べると臭みを感じなくなりました。

つなぎの材料のを増やすことで肉の味がマイルドになります。また、豚肉の割合を増やすことで柔らかくなります。

氷水を使い、手でこねないことにより肉の脂肪分が溶けずによくつながります。慣れないうちは包丁で形を調えにくいですが、手がベタベタにならず作りやすいです。

強火でしっかり焼くつもりでしたが、一部のハンバーグは少し焦げ付いてしまったので中火で焼き、蒸すことにしました。強火の方がしっかりと焼けるのですが慣れないうちは焦がしやすいので中火で調節することを勧めます。

P.S 更新が遅くなったことの言い訳をすると術後の自粛からどんな料理を作ってみようか迷ってそのまま日が過ぎてしまいました・・・。すみません・・・。

以上になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました